マンション売却とマンションの薄価について

マンション売りたい査定

 

マンション売却を行う際には、自分で売価を設定することができますが近隣の相場や状況をしっかりと考慮して値付けをしなければスムーズに売却できる価格にはならないものです。安い価格に設定すれば早く売却することができますが、手元に残るお金が少なくなり、逆により高い値段にすれば利益が多く得られますがなかなか売却できないことになり、その間に発生する様々な費用の負担が増えてしまうことから余分なお金がかかってしまうことになるため注意が必要です。

 

マンションを売却する場合の売価は周辺の相場を考慮して決めるのが最も良い方法とされていますが、この場合に注意しなければいけないのがマンションの簿価と言う考え方です。これはマンションを購入した金額から減価償却と言われる毎年そのマンションを利用することで減っていく価値を踏まえてその時点での金銭的評価をするもので、法律的に決められた計算方法により算出されるものです。マンションの場合には対応年数が長いため毎年毎年の減価償却が非常に少ない反面、その償却におけるさまざまな経費なども合わせて計上しないと大きく設定が狂ってしまうことになるので注意が必要です。実際にマンション売却を行う際に簿価が直接影響する事はありませんが、簿価は法律的根拠に基づく計算式によって現在のマンションの価値を示す有効な指標となるため、不動産鑑定等においてもこの数値を参考に鑑定結果を算出するケースが多いのです。

 

マンション売却をする場合にはその売価を設定する際に、簿価を参考に設定する場合が少なくありません。周辺相場はその環境により大きく変動するため、これに合わせると売却しやすくなる反面利益を得ることが難しくなる場合が多いのですが、簿価を元に売却価格を設定した場合、法律的根拠が裏づけとなり安定した価格とすることができるほか、売却利益を正当に経ることができるようになるため、非常に有利な点が多いのが実態です。さらに

固定資産税の算出においても簿価の計算方法が生かされている面もあるため、周辺環境にとらわれず価値を正当に評価した価格とすることができます。

マンション売却お役立ち情報特集!:マンション売却と残債

マンション売りたい一括査定

 

住宅ローンを組んでマンションを購入したもののローンの返済ができない状況に追い込まれて当該マンションを売却をせざるを得ないといった場合、当該マンションの資産価値によって対応が異なってきますので注意しながらみていきましょう。例えば、住宅ローンの残債が2000万円あるけれども現在のマンションの資産価値が2200万円といった場合には、単純に売却しても200万円手元に残る計算になります。このような場合には住宅ローンを貸し付けている金融機関に相談の上、マンション売りたい方は売却を行うことに支障はありません。

 

しかし、このマンションの資産価値が1500万円程度であった場合には、単純に売却しても500万円の残債が生じることとなります。このような場合に売却する方法としては買い替えローンをさらに組んで既存の住宅ローンを完済して金融機関の抵当権等を抹消した上で売却するという方法があります。これだと権利面できれいな物件として売却可能です。そして新たに借りたローンを別途返済していくという対応になります。しかし、このような資金計画が立たない場合には金融機関と相談の上、任意売却という方法をとらざるをえません。

 

この場合には任意売却の買い手がつくのかという問題と購入後の抵当権の抹消という事務が生じるので売却価格が低めにならざるをえません。さらにこの例でいくと500万円の残債について金融機関と返済方法を検討する必要がありますが、金融機関が当該債権が無担保債権になるということで債権回収会社に売却したような場合には、この債権回収会社と相談した上で返済計画を立てる必要があります。この場合に相談によっては返済期間のリスケジューリングすることとなります。例えば5年返済を10年という期間に見直して月額の返済額を低くするといった方法です。またそれだけでなく場合によっては一部免除に応じてくれる可能性もあるので債権回収会社に相談して残債に対する対応を相談してみる必要があります。

中古マンションと新築分譲マンションのそれぞれの魅力

マンション売りたい申し込み

 

家を購入するときに、新築分譲マンション中古マンションか迷っている家庭は多いです。
新築分譲マンションの魅力は、綺麗な状態で入居ができて設備が最新で使いやすいでしょう。
特に時短を考えている主婦は、キッチンには食器洗浄機が設置されていたり収納スペースがある物件を選ぶことが可能です。
浴槽衣類乾燥機があれば、雨の日でも安心ができます。

 

セキュリティー対策も評判で、オートロックやインターホンなど安全に暮らせるので女性は助かります。
宅配ボックスも設置されているので、宅急便も受け取りやすいです。
マンションを購入したときの悩みで多いのが収納でしたが、ウォークインクロゼットの大型収納も整っているので片付きやすい設計になっています。
構造や工法が書いてあるので、チェックができます。
新しいコミュニティーを作りやすく、グループもできていなので入りやすいのがいい面です。
中古マンションの魅力は、新築物件と比べると値段が安いことです。
同じくらいの広さで、かなり安く住める物件もあります。

 

転勤が多い家族でも、新築を購入するよりハードルが低いといわれています。
定年後の夫婦も、高額なお金を家にかけるより中古で安い物件のほうが老後の暮らしが豊かになると好評です。
ライフスタイルによって、中古物件がむいているという家族に評判でしょう。
そして、新築物件では自分の住みたいエリアにない場合も中古物件なら探すことができます。
立地がよくて、新築では購入できない場所も買うことができます。

 

リフォームすることで、自分のこのみの部屋に仕上げることが良い面ですね。
注意するのは、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた物件を選ぶことです。
新しい耐震基準ができて、建てられたマンションになります。
保証が心配な方でも、最近では検査済みや保証対象物件の購入ができます。
新築分譲マンションか、中古マンションかは家族で相談して結果が出なくても、不動産会社のアドバイスをもらうことが可能。
資金計画や税金面での質問も、答えてくれます。

中古マンションの需要と供給

マンション売りたい

 

日本全体の人口が減り始め首都圏を中心とする都とわずかな県だけが辛うじて人口増になっています。更に従来であればマンションのお客様層であった20代から30代の妻帯者が少なくなり独身者が増えていると言う現実も有ります。この様な状況下新築マンションのチラシ攻勢はすざまじく住宅の郵便受けがそれらの広告で一杯になる事も珍しくありません。即ち新築マンション自体も売れ行きが思わしくなく伸び悩んでいます。更にマンション建設会社関の販売競争も激化して居り、金利が低下している現在でも以前ほどの勢いを感じる事はできません。

 

新築マンションですらその様な状況であり中古マンションの場合の需要と供給も供給過剰ぎみの状態が続いています。特に借り過ぎた住宅ローンの為にマンション売却を余儀なくされる人の数も少なくなく供給過剰に追い打ちをかけています。新築マンションを購入し何年か生活してマンション売却を検討し始める時に先ず気になる事は売却可能かという事と幾らで売れるかという事です。特に住宅ローンの返済が残っている人の場合には大きな要素になって来ます。

 

需要と供給のバランスという観点から考えると供給過剰気味の状態であり、売りたくても買い手が少ないと言う買い手市場になっています。この様な場合には販売価格を下げたり、オープンハウスとして内覧会を計画したりして来られたお客様にセールスポイントをPRする必要が有ります。それ以外にも他の物件と差別化できる要素を販売担当の不動産業者と相談しながら探す事も重要なファクターになります。彼等のマンション売却に関する長い経験から良いアイデアが出てくる可能性が有ります。例えばマンション自体が耐震構造で有る事、交通機関の問題に関しては主要駅に近く徒歩圏にある、マンションの立地環境が素晴らしく公園が近く尚且つ治安が良い、小学校、中学校の評判が良く安心して子供を通学させられる事及び学習塾も近くにある事等です。

マンションのリノベーションに必要な費用について

マンション売りたい

 

快適に生活したいと思うようになったら、それまでとは大きく考え方を変える必要があります。部屋にちょっと手を加えたくらいでは、あまり快適な生活にはつながりません。思い切って新築の家を購入する、というのも有効な手段です。しかし、新築の家は非常に高額なので、そう簡単に購入することはできません。もう少し費用を抑えつつ、快適な生活を手に入れる方法はないのかというと、実はあるのです。それは、リノベーションをすることです。比較的リーズナブルな金額で理想を実現させられるということで、リノベーションが注目を集めています。

 

ただし、やみくもにリノベーションを始めてしまうと、費用を抑えることは難しくなり、新築の家を購入した方がよかったということになりかねません。仕上がりにも費用にも満足できるリノベーションを行うためには、きちんと計画を立てる必要があるのです。一般的に、リノベーションを行いたいと考えている人はマンションに住んでいるものなので、マンションに絞って考えてみれば十分だといえます。

 

リノベーションは、リフォームと似たような言葉ですが、やることは大きく異なっています。リフォームと比べて大掛かりな工事が必要になるのが一般的なので、当然のことながら費用もリフォームより高くなるのです。リフォームなら100万円から200万円で済むところが、リノベーションでは500万円以上になります。本格的な工事をすると、1,000万円を超えてしまうこともあるのです。お金に余裕がない場合は、どこまで妥協できるかを考えなければなりません。

 

多くの人は、建物を解体するほどの工事は行わず、部分的な工事をするだけにとどめます。たとえば、浴室やキッチン、トイレといった水を使う場所に限った工事です。使用する設備器具にこだわらなければ、水回りをまとめて工事しても500万円以内に抑えることができます。リノベーションの後にお金がなくなり、生活が苦しくなるのでは意味がありません。費用について十分な検討が求められます。